MEMBERS SALON

オメガ「スピードマスター "ウルトラマン"」秘話?(1/1)

 2018年の7月10日に発表された、オメガ「スピードマスター "ウルトラマン"リミテッド エディション」。詳細はオメガのウェブサイトをご覧いただくとして、このモデルについて、少しばかり情報を加えたい。僕はこのモデルについて、多少ばかり書く資格を持っている。

 

 オメガ博物館の館長であるペトロス氏は親日家であり、松本零士のファンであり、特撮マニアである。以前来日した際、彼は特撮の魅力を語り、その後、スピードマスター「ウルトラマン」の話をしてくれた。なんだそれという筆者に対して、彼はスマートフォンを取り出し、「帰ってきたウルトラマン」の動画を見せてくれた。なんと画面いっぱいにスピードマスターが出ているではないか。しかし、針はオレンジだし、偽物っぽくないですか?

 ぺトロス氏はこう語った。「私もフェイクだと思ったんだ。専門のウェブサイトでもそういう扱いをされてきたしね。しかし、アメリカにも日本にも、このモデルが出荷されていることが判明した。つまり、ウルトラマンモデルはオメガのオリジナルだったんだよ」
 オメガ博物館の館長、つまり専門家中の専門家が断言するぐらいだから、間違いないだろう。

 

新旧の「ウルトラマン」。なお、2018年モデルは、9時位置のスモールセコンド内にウルトラマンがプリントされており、ブラックライトを照らすと光って姿を見せる。オメガのというかペトロス氏の、ウルトラマン愛に満ちたディテールだ。

「帰ってきたウルトラマンのスピードマスターについて調べたが、情報がない。ただ推測するに、円谷さんの私物だったんじゃないか」(ペトロス氏)。仮に円谷監督の私物だったとして、これを選ぶセンスは非凡だ。

 その後、オメガは円谷プロに連絡を取り、スピードマスターが、どのようにしてウルトラマンで使われたかが明らかになった。当時のウルトラマンの制作チームには3人のキーマンがおり、その1人がスピードマスターの愛用者だったらしい。初の採用は、シリーズ3弾の「ウルトラセブン」。その際は、グレーの制服を着たウルトラ警備隊が、第三世代のスピードマスター(1966年以降のモデル)を着けたそうだ。しかし、時計が1本しかないため、隊員全員の装備品のように見せるため使い回したという。そしてオレンジ針の通称「ウルトラマン」が採用されたのは、71年の「帰ってきたウルトラマン」である。

 

2017年度版のウルトラマン。基本スペックは通称「ムーンウォッチ」に同じ。世界限定2012本。オメガのインスタグラムーページから予約可能だが、とっくに完売である。なお、日本からは25本程度注文があったそうだ。なお、30分積算計は3分までが赤色になっている。関係者曰く、ウルトラマンのカラータイマーを計測できるように色を分けた、とのこと。すげーなー。手巻き(Cal.1861)。18石。SS(直径42mm)。参考商品。

 アンティークディーラーの某氏に会った際、たまたまペトロス氏と、彼のウルトラマンの話になった。彼はそりゃ面白いネタだといい、僕もウルトラマンを探してみます、と語った。見つかるはずがないと思っていたが、彼はさっさと見つけ出し、後にペトロス氏に見せたそうだ。「ウルトラマンは少なくとも日本とアメリカに出荷されたようだ」とペトロス氏が語った通り、彼が見つけた個体も、日本向けだったに違いない。

 そこからが面白い。某氏のウルトラマンは紆余曲折を経て、オメガ博物館に引き取られた。ちなみに某氏は、セイコーミュージアムやエプソンミュージアムにも時計を収めるぐらいの目利きだから、ウルトラマンもちゃんとしている。筆者も実物を見て、よほど買いたいと思ったが、金はないので諦めた。

 ちなみにペトロス氏はすでに私物としてウルトラマンを持っているから、この個体は、博物館の収蔵品になるのだろう。また筆者はこうも思った。ひょっとして、オメガはこのウルトラマンを復刻するつもりなのもしれない、と。ペトロス氏はオメガ博物館の館長だが、あまりに詳しいので、ヘリテージマネージャーという立場も兼ねるようになった。つまり、製品にも口を突っ込めるようになったわけだ。円谷マニア、特撮マニアの彼なら、ウルトラマンのリプロダクションをやるんじゃないか。

 

オメガ博物館館長兼ブランドヘリテージマネージャーのペトロス・プロトパパス氏。驚くべき碩学だが、それ以上に特撮マニアであり、親日家である。オメガの復刻版の出来がいい一因は、彼の非凡な審美眼にある。

 結果、生まれたのが本作、と言えなくもない。このプロジェクトの中心にいたのは、親日家にして円谷マニアのペトロス氏。コラボモデルとしか思えないほどウルトラマンが強調されているのは、ペトロス氏の愛が炸裂すればこそ。そして、オフィシャルサイトに掲載されているオリジナルの「ウルトラマン」は、日本からの出物だ。いわば、オメガと日本の奇妙な縁が生み出した「スピードマスター"ウルトラマン"」。日本のスピードマスターファンなら買っとけ、と言いたいところだけど、即完売とのこと。うーん実に残念だ。(広田雅将)

 

前の記事

オメガ「ミュージアム・ナイト」でコスプレに苦戦す

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP