MEMBERS SALON

華麗なるオークションの世界/第1回『なぜデイトナは17億円超で落札されたのか?』(1/5)

auction

2017年10月26日に開催されたフィリップスのニューヨークオークション「ウイニング・アイコンズ」。

世界中のオークショニアと愛好家たちを魅了する時計とはいかなるものなのか。『クロノス日本版』編集長の広田雅将と長年の交友関係を持つコレクター、ダビデ・ムナーリ氏の目線を通して、華麗なるオークションの世界をのぞいてみよう。

ダビデ・ムナーリ(Davide Munari)PROFILE

数多くのレアピースを所有するコレクター兼投資家。広範な知識を持つ彼は、時計関係者やオークショニアに多くの知己を持つ。オークションに出展される数千万円から数億円の時計を、投資対象ではなく実際に買う目線で見る人物は、世界的に見ても希だ。現在、海外在住。

華麗なるオークションの世界/第1回
『なぜデイトナは17億円超で落札されたのか? フィリップス ニューヨーク オークション「ウィニング アイコンズ」を振り返る』

ストーリーと明確な出所がなければ、ポール・ニューマンの「デイトナ」は12万USドルだった

ロレックス「 “コスモグラフ デイトナ‘ポール・ニューマン’”Ref.6239」。1968年。手巻き(Cal.722)。17石。SS(直径37mm)。落札価格1550万USドル。

世界的に報道され、素晴らしい販売実績を残したオークションが、2017年10月に開催されたフィリップスの「ウィニング アイコンズ」だ。このオークションは、世界で最も有名、かつ唯一のロレックス デイトナを販売するため、特別に企画されたものだ。

ポール・ニューマンの私物であった「デイトナ(Ref.6239)」は、“エキゾチック”な文字盤で知られるモデルだ。俳優のポール・ニューマンがこの時計を手首に巻いた後、1980年代にイタリアのディーラーとコレクターが、彼の名前にちなんで“ポール・ニューマン”と命名した。

  1 2 3 4 5  
前の記事

デジタルと機械式時計にハマった、 男の物語2

次の記事

Chronos 1月号(vol.74) 発売中

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP