「HM3 フロッグ」を10年振りに復活させたMB&Fの「HM3 フロッグX」

FEATUREWatchTime
2020.12.02

大胆なデザインと革新的な機構の採用、そして揺るぎない発想こそがマキシミリアン・ブッサーとそのフレンズ(MB&F)にとっての信条である。これらを胸にMB&Fはオロロジカル・マシンを製作してきた。今回はそのオロロジカル・マシンのコレクションから、10年ぶりに復活を遂げた「HM3 フロッグ」の新作、「HM3 フロッグX」を紹介する。

Originally published on watchtime.com
(2020年12月2日掲載記事)

MB&F「HM3 フロッグX」

MB&FのHM3 フロッグXは2010年に発表されたオロロジカル・マシンの第3作目を10年ぶりに復活させたモデルだ。

HM3 フロッグX

MB&FのHM3フロッグXは3つの仕様で展開され、それぞれが限定10本となっている。手巻き(ジラール・ペルゴベース)。36石。2万8800振動/時。サファイアクリスタル(縦52.7×横48.3mm、厚さ17.5mm)。3気圧防水。


10年ぶりに復活を遂げたHM3 フロッグ

 大胆なデザインと革新的な機構の採用、そして揺るぎない発想というMB&Fの伝統を忠実に反映させたHM3フロッグが発表されたのは2010年のこと。時分表示を球状の「目」に、またバトルアックス(戦斧)型の自動巻きローターを口に見立てた同作は当時、手首の上で抜群の存在感を放っていた。

HM3 フロッグX

独特な配置のリュウズはムーブメントの巻き上げと時刻調整に使用される。

 この特別なタイムピースの誕生10周年を称え、20年に発表されたのが「HM3 フロッグX」だ。今回の新作では、HM3の“エンジン”をより楽しむことができるような配慮がされている。ケースにサファイアクリスタルが採用されたのだ。そのため、これまでケースで隠れてしまっていたムーブメントの受けなどをより広範囲に眺めることができる。

HM3 フロッグX

ムーブメントのベースとなっているのは、ジラール・ペルゴのムーブメントである。これにアジェノーが手を入れた。

 しかし、旧作同様、HM3で最も見所となるのは、5時位置と7時位置に設けられた紙のように薄いふたつのドームだ。前者が「分」を、後者が「時」をカエルの瞳孔のようなマーカーの下で回転しながら表示しているのだ。

HM3 フロッグX

時と分はふたつのカエルのようなドーム状の「目」で表示される。


隠されたバトルアックス

 リュウズを使って巻き上げや時刻調整をする際、他のMB&Fモデル同様、日本のロボットアニメ「グレンダイザー」からヒントを得たバトルアックスの存在をリュウズにも探そうとするかもしれない。しかし、リュウズそのものには、このマークが記されていない。

HM3 フロッグX

ターコイズモデルに合わせられているのは、ホワイトのレザーストラップだ。

 しかし、さすがはMB&F。HM3フロッグXには、正しいアングルと光の反射条件のもとだけで見える、隠されたコールサインがあるのだ。金属製リュウズを顕微鏡レベルで仕上げることにより、光を非常に特別な形で反射し、バトルアックスを投影するのだ。

HM3 フロッグX

パープルモデルには、パープルのスーパールミノバが採用されている。

 HM3フロッグXには3つの仕様がそれぞれ限定10本で展開され、ブルー、パープル、ターコイズのローターとそれぞれのカラーにマッチしたスーパールミノバとガスケットが採用されている。

HM3 フロッグX


Contact info: MB&F https://www.mbandf.com/en


MB&Fの創業者マキシミリアン・ブッサーが過去に〝共演〟した時計師や今後について語る

https://www.webchronos.net/features/49121/
18KYGケースをまとってMB&F「レガシー・マシン パーペチュアル」が限定復活

https://www.webchronos.net/features/44404/