チューダーのおすすめモデルをコレクション別に紹介。個性で選ぶ1本

FEATUREその他
2022.01.20

チューダーの腕時計を手にしたいと考えているなら、まずは各コレクションの個性を知ることが重要だ。できるだけ多くのデザインや機能が分かれば、自分に最適なモデルを見極めやすくなるだろう。チューダーのおすすめモデルやコレクションごとの特徴を紹介する。

チューダー ブラックベイ


個性から選ぶチューダー

チューダーの時計を選ぶなら、コレクションごとの個性について理解を深めておく必要があるだろう。定番コレクションとそれぞれの特徴を紹介する。

チューダーの象徴「ブラックベイ」

ブラックベイ

チューダーを象徴するコレクションのひとつ「ブラックベイ」。写真は、特徴的なスノーフレーク針に加え、マットバーガンディのアルマイト加工ディスクを施した逆回転防止ベゼルがインパクトを放つ「ブラックベイ(Ref.M79230R-0010)」。自動巻き(Cal.MT5602)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS(直径41mm)。200m防水。40万7000円(税込み)。

2012年に誕生した「ブラックベイ」は、往年の名機「チューダー オイスター プリンス サブマリーナー」をリバイバルした時計だ。精強なルックスやチューダーらしいディテールが人気を集め、フラッグシップコレクションとしてブランドを支えている。

ブラックベイの特徴において特に強い印象を与えるのが、個性的な形状のスノーフレーク針だ。1970年代のモデルに採用されて以降、すべてのダイバーズラインで用いられている。

ベゼルの独特なカラーやビッグクラウンと呼ばれるリュウズも、目を引くポイントとして押さえておこう。初期モデルにのみ、創業当時に使われていたバラのロゴが文字盤に採用されている。

古典的な意匠が美しい「チューダー ロイヤル」

チューダー ロイヤル

アイコニックなノッチドベゼルや5列インテグレイテッドブレスレットを採用した、スタンダードなデイト付き三針モデル「チューダー ロイヤル(Ref.M28500-0003)」。自動巻き(Cal.T601)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS(直径38mm)。100m防水。26万2900円(税込み)。

2020年に発表された「チューダー ロイヤル」は、優雅さとスポーティーさを併せ持つモデルだ。1950年代に使われていたモデル名を復活させ、古典的な意匠を強調している。

チューダー ロイヤルの大きな特徴は、ポリッシュ仕上げとオルタネイティングカットを交互に配したノッチドベゼルで、ブランドのフィロソフィーを体現した、美しくも実用的なエレメントである。

ケースと一体化した5列インテグレイテッドブレスレットも特徴のひとつだ。また、41mmモデルに見られる12時位置のフルスペル曜日表示と3時位置の日付表示は、実用性と高級感を兼ね備えている。

防水性能に優れる「ペラゴス」

ペラゴス

500mの防水性能に加え、ケースの9時位置にはヘリウムエスケープバルブを装備した本格ダイバーズウォッチのコレクションが「ペラゴス」。写真はブルーダイアル&ベゼルが鮮やかな「ペラゴス(Ref.M25600TB-0001)」。自動巻き(Cal.MT5612)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。Ti(直径42mm)。500m防水。53万9000円(税込み)。

「ペラゴス」はチューダーの本格ダイバーズラインである。ブラックベイと同様にチューダー オイスター プリンス サブマリーナーの系譜を継いでおり、高い実用性を大きな特徴に持つ。

ペラゴスの特徴は、ヘリウムを時計の外に逃がす仕組みにより500mもの防水性能を実現していることだ。ケースとブレスレットには、軽量かつさびにくいチタニウム素材が使用されている。

水中でブレスレットが自動調整されることも、ペラゴスの実用性を高めている要素のひとつである。自社製ムーブメントを搭載し、精度も高められている。


ブラックベイのおすすめモデル

チューダーのブラックベイは、かつてのダイバーズウォッチを再解釈して生み出されたコレクションだ。多彩なバリエーションの中からおすすめモデルを紹介する。

ブラックベイ 41mm M79230N-0009

ブラックベイ

ブラックベイ
自動巻き(Cal.MT5602)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS(直径41mm)。200m防水。44万3300円(税込み)。

「ブラックベイ(Ref.M79230N-0009)」は、2016年に登場したブラックベイ コレクションの定番モデルだ。約70時間のパワーリザーブを誇る自社製ムーブメントCal.MT5602を搭載している。

特徴的な形状の時針は「スノーフレーク針」と呼ばれ、ブラックベイを特徴づける要素のひとつである。ダイアルのブランドロゴは盾をモチーフとした現行のものだが、リュウズトップにはバラのマークが残された。

ステンレススティール製のブレスレットには、リベットブレスが採用されており、これはかつてのモデルにも用いられていたタイプだ。

ブラックベイ セラミック 41mm M79210CNU-0001

ブラックベイ セラミック

ブラックベイ セラミック
自動巻き(Cal.MT5602-1U)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。セラミックス(直径41mm)。200m防水。55万1100円(税込み)。

2021年に発表されたブラックベイの新作「ブラックベイ セラミック(Ref.M79210CNU-0001)」には、光沢を抑えたブラックセラミックが採用された、シックで力強い印象を与える1本だ。黒が生み出すダイアルとインデックスのコントラストが魅力といえよう。

自社製ムーブメントCal.MT5602-1Uは、METAS(スイス連邦計量・認定局)のマスター クロノメーター認定を受けている。精度はもちろん耐磁性、防水性といった、あらゆる要素で高い基準をクリアしたムーブメントである。

200m防水や逆回転防止ベゼルなど、高度な潜水作業において不可欠な機能が備わっている点も心強い。

ブラックベイ クロノ 41mm M79360N-0002

ブラックベイ クロノ

ブラックベイ クロノ
自動巻き(Cal.MT5813)。41石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS(直径41mm)。200m防水。60万5000円(税込み)。

チューダーのクロノグラフ誕生50周年を経て2021年に登場したのが、「ブラックベイ クロノ(Ref.M79360N-0002)」である。ブランドにおけるクロノグラフの歴史が凝縮された時計だ。

ムーブメントには、両方向回転ローターを備えた自社製ムーブメントCal.MT5813が採用された。スノーフレーク針やリベットブレスは、コレクションの美学に忠実であることを示している。

シルバーカラーのマーカー付きタキメーターにより、洗練されたクロノグラフにスポーティーな雰囲気が備えられた。ダイアルとサブカウンターのコントラストも目を引くモデルだ。