MEMBERS SALON

ミラード・フォース・レゾナンスのギヨシェダイアルモデル(1/1)

「ミラード・フォース・レゾナンス ギョーシェ・ダイアル」。手巻き(Cal.ARF15)。43石。2万5200振動/時。パワーリザーブ約48時間。SS(直径43.40mm)。5気圧防水。価格未定。

 アーミン・シュトロームより、ふたつのテンプを同期させるレゾナンス機構を搭載した「ミラード・フォース・レゾナンス」に新作が発表された。

 レゾナンス機構とは片方のテンプの振動をバネによってもう片方のテンプに伝え、共振させることで精度の安定化を図るものだ。この特殊機構を備えたミラード・フォース・レゾナンスはこれまでローズゴールド製ケースとステンレススティール製ケースの2モデルが発売されていた。

 そして今回追加された「ミラード・フォース・レゾナンス ギョーシェ・ダイアル」はその名の通り、ギヨシェダイアルを備えたモデルだ。このギヨシェは手作業でしか操作できない約100年前の旋盤を使って、レギュラーモデルながらギヨシェのパターンとダイアルカラーは用意されたものから好みに応じて組み合わせることができる。選択カラーはブルーとブラック、アントラサイト、そしてレッドの4色でバイカラーも可能。パターンもサンレイとコンセントリック・ウェーブ、バーリーコーンの3つの中から選べるため、組み合わせは18通り以上にわたる。

 価格や発売時期は現時点で未定。続報が待たれる。


Contact info: ノーブル スタイリング Tel.03-6277-1604

前の記事

【プレBASEL 2018新作】デザイン一新、モーリス・ラクロアの『アイコン オートマティック スケルトン』

次の記事

【プレBASEL 2018新作】庭園をテーマにしたラドー「トゥルー シンライン」の新色

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP