【88点】オメガ/ スピードマスター レーシング マスター クロノメーター

FEATUREスペックテスト
2018.04.28

時計への愛は人を夢中にさせる

高級腕時計は恋人のようなものである。
長所を見て喜び、短所からは目を背ける。
オメガのスピードマスター レーシング マスター クロノメーターに果たして弱点はあるのだろうか。

アレクサンダー・クルップ: 文
Text by Alexander Krupp
ニック・シェルツェル: 写真
Photographs by Nik Schölzel
岡本美枝: 翻訳
Translation by Yoshie Okamoto

point

・秀逸な加工
・革新的な技術を搭載したムーブメント
・素晴らしいデザイン
・非常に高い精度

point

・スケールの目盛りが過多
・リュウズが引き出しづらい

オメガ
ビエンヌを拠点とするオメガは、アポロ計画の宇宙飛行士や俳優のジョージ・クルーニーなどの多くの著名人、また映画の主人公ジェームズ・ボンドが着用していることで有名なブランドである。しかし、それよりも重要なのは、オメガがほぼすべてのコレクションで革新的な技術を導入しながらも、現実的な価格で時計を供給している点である。これは、他の競合ブランドと比較しても大きなアドバンテージと言えるだろう。コーアクシャル脱進機やシリコン製ヒゲゼンマイは高い精度に貢献し、新素材の採用により、インナーケースでムーブメントを包むことなく超高耐磁性が実現した。その高い耐磁性能は、METAS(スイス連邦計量・認定局)による試験を経て、認定されている。