MEMBERS SALON

編集部の気ままインプレッション「ブルガリ オクト ローマ」(1/3)

『クロノス日本版』の精鋭?エディターたちが、話題の新作モデルを手に取り
好き勝手に使い倒して論評する大好評の連載企画。5本目に登場するテスト機は、名門中の名門、ブルガリの
「オクト ローマ」。58面にも及ぶファセットを切ったケースのデザインと
奥行きのあるブラウンカラーのダイアルがブルガリらしい1本だ。
今回は主に、ラッカー仕上げの文字盤の質感や視認性に焦点を当ててテストした。

古川直昌:取材・文・写真
Text&Photographs by Naomasa Furukawa
  1 2 3  
前の記事

[マイクロローター新時代]ピアジェが見せる極限の技術力

次の記事

[マイクロローター新時代]L.U.Cが史上最良のマイクロローターである理由

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP