MEMBERS SALON

冒険家のために作られた時計「セイコー プロスペックス ランドマスター グレートトラヴァース」(1/1)

「セイコー プロスペックス ランドマスター グレートトラヴァース」。GPSソーラー(Cal.8X53)。平均月差±15秒。チタン+セラミックス(直径48.8㎜、厚さ15.2㎜)。20気圧防水。27万円(税別)。7月8日発売予定。

 セイコーが誇る本格的なスポーツウォッチブランド「セイコー プロスペックス」から、タイムゾーンに縛られないグローバルなアドベンチャーを想定したGPSソーラーウォッチの新作「ランドマスター グレートトラヴァース」が登場した。

 セイコーの「ランドマスター」は登山家や極地へ向かう冒険家を強くイメージして作られた屈強な機能が持ち味だ。まずは何といってもGPSソーラー機能だろう。地球上のどんな地点にいようとも、GPS衛星の電波をキャッチして、経度、緯度、高度を特定し、現在地の正確無比な時間を表することができるのは、GPSソーラーだけの利点だろう。高山や洋上など、携帯電話の電波が届かない場所においてその威力を存分に発揮する。電池切れの心配も無用だ。

 直径48.8㎜の大型ケースは耐衝撃性に優れるチタン製。アウターベゼルは耐摩耗性に富んだセラミックス製だ。12時上に変則配置されたリュウズとプッシュボタンは、手首の動きを妨げないための配慮。また、ローレット加工は滑り止めの防止、ブレスレットにはエクステンダー機能を備え、ウェアの上からでも装着が可能になっている。

 より高い視認性を追求する姿勢もランドマスターならではだ。サファイアガラスにはスーパークリア コーティングが施され、インデックスと針にはルミブライトを塗布している。また、文字盤上で格好のアクセントになっているオレンジカラーは、いわゆるエマージェンシーカラーであり、判読性をより高める役割を担う。


Contact info:セイコーウオッチ お客様相談室 Tel.0120-061-012

前の記事

1815クロノグラフの古典美をモノトーンで再解釈した新作登場

次の記事

ロンジンが日本限定モデルを発表

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP