ジャガー・ルクルト【2021 新作】ひとつの時計に4つのダイアル「レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185」

NEWSニュース
2021.04.15

ジャガー・ルクルトは、ブランドを代表するレベルソの中で最も複雑なタイムピースを発表した。「レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185」は、6年以上かけて開発されたジャガー・ルクルトのサヴォアフェール(ノウハウ)の主要な要素と新しい天文表示を組み合わせた成果だ。新作は、4つの機能的な表示を持つダイヤルを備えた世界初の腕時計である。


レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185(クアドリプティック)

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    4つのダイアルを備えた世界初の時計、これまでに作られた中で最も複雑なレベルソ

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    時、分、トゥールビヨン(秒表示)、瞬時に表示される永久カレンダー、グランドデイト、日、月、閏年、デイ/ナイト表示

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    永久カレンダー、ミニッツリピーター、朔望月周期、交点月周期、近点月周期の表示(これらすべてを表示する腕時計は今までにない)を含む合計11個のコンプリケーション、12の特許を出願中

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    ジャガー・ルクルトのチャイム機構を備えた時計、精密機構、天文学的なコンプリケーション、超小型の時計製造の比類なき技を融合

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    北半球のムーンフェイズ、交点月周期(月の位置)、近点月周期(遠地点および近地点)、月、年

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    使いやすいデザインと構造、最も複雑なレベルソでありながら身に着けやすい

  • レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

    南半球のムーンフェイズ

/
ジャガー・ルクルト「レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185(クアドリプティック)」
手巻き(cal.185)。19石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約50時間。18KPG(直径51.2×31mm、厚さ15.15mm)。フェイス1:時、分、トゥールビヨン(秒表示)、瞬時に表示される永久カレンダー、グランドデイト、日、月、閏年、デイ/ナイト表示。フェイス2:デジタルジャンピングアワー、分、ミニッツリピーター(デッドタイムを防ぐためのシステム付属)。フェイス3:北半球のムーンフェイズ、交点月周期(月の位置)、近点月周期(遠地点および近地点)、月、年。フェイス4:南半球のムーンフェイズ。30m防水。世界限定10本。135万ユーロ。


ダブルフェイスのケースとクレイドル(台座)

レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

 ジャガー・ルクルトは、自社製キャリバー185によって連続駆動される世界初のダブルフェイス ケースおよびダブルフェイス クレイドル(台座)を製作した。これは、ジャガー・ルクルトが持つ特許の独創的な機械式機構によって、毎日深夜12時を打ち鳴らす動きで同期およびアップデートが行われる。


フライングトゥールビヨンと瞬転式永久カレンダー表示

レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

ケース表面の7時位置に配されたフライングトゥールビヨン(上部のブリッジがないため浮いているように見えるのでこのように呼ばれる)は、1分間に1回転し、一貫して平均的な計時を保つためにテンプの位置を常に変化させている。

 ジャガー・ルクルト キャリバー185 の構造の精度を際立たせる永久カレンダーの表示は、時計が真夜中を打つと瞬時に変更される。さらに、キャリバー185の構造は複雑なため、日付はダイヤルの5時位置に表示されるようになっている。ジャガー・ルクルトでは、このような高級時計には完璧な視認性を備えたグランドデイト表示が必要だと考え、7時位置のフライングトゥールビヨンのサイズに応じて、日付表示ディスクの新しい機構を製作した。

ゼンマイ、カム、ハンマー、ゴングのシンフォニー

レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

リュウズの真上にあるレバーをスライドさせると、クアドリプティックからメロディーが流れ出す。最初は、時を表す一連の低音。次に、15分を表す交互の高音と低音。そして最後が、15分経過後の分数を示す一連の高音。一斉に、時-15分-分のチャイム音が現在時刻を告げる。チャイム音のグループごとに無音状態が生じることなく、時、15分、分を流れるようにシームレスなチャイムを作り出す。ジャンピングアワーや周辺の分表示は表ダイアルと同じ時刻を表示。


機械式で初めて朔望月周期、交点月周期、近点月周期を表示

レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

クレイドル(台座)の内側の上半分は、北半球のムーンフェイズが大きく占める。レーザーで刻印された月は、ゴールドの装飾が施された可動式のブルーラッカー仕上げのディスクで徐々に隠れたり、現れたりする。これは、朔望月周期の月齢に対応している。従来のムーンフェイズ表示は32.5カ月ごとに1日の誤差が発生したが、クアドリプティックのムーンフェイズ表示は1111年ごとに1回の調整しか必要ない。

 機械式時計の歴史で初めて月に関する3つの情報(朔望月周期、交点月周期、近点月周期)をひとつの腕時計で表示できるようにした。レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185のクレイドル(台座)の内側に配置されたこのユニークなマイクロメカニカルな表示の組み合わせによって、食(太陽と月の両方)およびスーパームーンなどのごく稀な月の現象を測定することができる。


7時位置は交点月周期、5時位置は近点月周期を表示

レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

交点月周期カウンターの右側には、エナメルでマイクロペイントされたドーム型の地球が取り付けられており、これを回る偏心軌道上に月が描かれている。このカウンターは変則的な周期を表し、地球と月の間のさまざまに変化する距離を示す。遠地点では月は地球から最も遠くなり、近地点で最も近くなります。月が近地点または近地点で満月のとき、スーパームーンとなり、この場合、月が通常よりも最大14パーセント大きく見えることがある。

 ムーンフェイズ表示のすぐ下の左側にはカウンターが取り付けられており、3Dの細かい彫刻が施されたピンクゴールド製の太陽の周りを小さな月がまわっている。このカウンターは、月の軌道が太陽の周りを回る地球の軌道(黄道)と交差するときを示す交点月周期を表す。このような交差は各周期で2回発生し、月と太陽のカウンターが水平に並ぶことによって示される。この時、月、地球、太陽はすべて同じ平面上にある。 ただし、位置が揃っていない場合もある。これらの位置が揃っている場合、その現象は朔望と呼ばれる。これには月が新月または満月のいずれかであるという追加の条件を満たす必要がある。この場合、食は地球上で起こる。月が満月である場合は月食、新月である場合は日食となる。ただし、食を実際に見ることができるかどうかは、見る側の地理的位置などのさまざまな要因に依存する。


宇宙を反転

レベルソ ハイブリス・メカニカ キャリバー185

クアドリプティックの4つ目のダイヤルであるクレイドル(台座)の外側のダイヤルでは、南半球のムーンフェイズが表示される。ほとんどのムーンフェイズは北半球からのものだが、クアドリプティックの4つ目のダイヤルには南半球のムーンフェイズが表示されており、レベルソの基礎となっている二元性を体現している。星がちりばめられた星図は、ブルーのグラデーションでエングレービングおよびラッカー仕上げがされており、ピンクゴールドの月の背景を形成している。


Contact info: ジャガー・ルクルト  Tel.0120-79-1833


ワールドタイム機構を搭載したジャガー・ルクルトのポラリスを解説

https://www.webchronos.net/features/51584/
ジャガー・ルクルトのトゥールビヨンモデルは?種類とおすすめ6選

https://www.webchronos.net/features/45472/
ジャガー・ルクルト、更に進化した「マスター・グランド・トラディション・グランド・コンプリケーション」を発表


https://www.webchronos.net/news/48319/