2021年 クロノスイスの新作時計まとめ

FEATURE2021年新作時計
2021.04.27

スケルテック ピッチブラック

スケルテック ピッチブラック

クロノスイス「スケルテック ピッチブラック」
手巻き(Cal.C.304)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。ブラックDLC+SS(直径45.0mm、厚さ15.15mm)。5気圧防水。世界限定50本。296万円(税込み)。

 SFの世界にインスピレーションを受けて誕生した「スケルテック」に、新しいカラーリングが追加された。本作は、ブラックDLCコーティングを施したステンレススティール製ケースをまとっており、ストラップやムーブメントまでブラックに統一されている。これにより輪列のシルバーが際立ち、スケルトンウォッチの醍醐味であるムーブメントの動きをよりダイレクトに楽しむことができるようになっている。スポーティーな形状のケースだが、クロノスイスのアイコンでもある側面のコインエッジと大型のオニオンリュウズは健在だ。ストラップは、カーフレザーとテキスタイルを組み合わせたものが装備される。




スケルテック アジュール

スケルテック アジュール

クロノスイス「スケルテック アジュール」
手巻き(Cal.C.304)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。ブルーCVD+SS(直径45.0mm、厚さ15.15mm)。5気圧防水。世界限定50本。248万円(税込み)。

 2020年に発表された「スケルテック」に新たなバリエーションが追加された。この「スケルテック アジュール」は、ベゼル、ケースバック、ダイアル上のスケール、ストラップを固定するビスにブルーCVD仕上げを施したモデルだ。ミドルケースやムーブメントはブラックで統一されている。スケルトンムーブメントCal.C.304は、特徴的な直線基調のブリッジを持つ。テンプ周りは大きくスペースが取られており、その動きを迫力いっぱいに楽しむことができる。モダンなスケルトンムーブメントにマッチした、カーフレザーとテキスタイルを組み合わせたストラップが装備される。




フライング・レギュレーター オープンギア ピンクパンサー

フライング・レギュレーター オープンギア ピンクパンサー

クロノスイス「フライング・レギュレーター オープンギア ピンクパンサー」
自動巻き(Cal.C.299)。31石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。ブラックPVD+SS(直径41.0mm、厚さ13.85mm)。10気圧防水。世界限定50本。148万円(税込み)。

 クロノスイスが得意とするレギュレーター式のモデル。フライング・レギュレーターというモデル名の通り、立体感を持つ2層構造のダイアルが目を引く。ベースとなるダイアルの1層目は、鮮やかなガルバニックピンクに染められている。そのダイアルに施された繊細なギヨシェパターンが特徴的だ。2層目は時刻を読み取るためのものであり、ブラックの上にホワイトで印字されたインデックスは、高い視認性を備えている。

 レギュレーター式であるため、時・分・秒はすべて軸が異なり、12時位置に“時”、ダイアル中心に“分”、6時位置に“秒”表示が配されている。コインエッジ装飾が施されたケースは、ブラックPVD加工のステンレススティール製。シースルーバックから見えるローターは、ダイアルと同じくガルバニックピンクとなっている。フォールディングクラスプが備えられたラバーストラップが装備される。