ローマンインデックスの文字盤を備えた腕時計5選

FEATUREWatchTime
2021.11.03

日常での使用頻度は低いものの、時計においては文字盤にクラシシズムとエレガンスを湛えた雰囲気を与えるとして重用されるローマ数字。ここではローマンインデックスの文字盤を備えた5本のタイムピースを紹介する。

Originally published on watchtime.com
Text by Mark Bernardo
2021年11月3日掲載記事

ブランパン「ヴィルレ」

ヴィルレ ウルトラスリム

「ヴィルレ ウルトラスリム」。自動巻き(Cal.1151)。28石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約100時間。18KRGケース(直径40.00mm、厚さ8.70mm)。日常生活防水。420万2000円。(問)ブランパン ブティック銀座 Tel.03-6254-7233

 ブランパンのヴィルレコレクションは、1735年に工房が設立されたスイスの村にちなんで名付けられたもので、古い時代のクラシカルなデザインが特徴だ。このウルトラスリムの3針デイトモデルは、二段階に段差のついたベゼル、セージの葉の形をした肉抜き針、創業者ジャン-ジャック・ブランパンの頭文字である"JB"のカウンターウェイトを備えたセンターセコンド針、ブルーのサンレイ文字盤の各時間帯に配されたローマ数字など、歴史的な美意識を具現化している。直径40mmの18Kローズゴールド製ケースの厚さはわずか8.7mmで、サファイアクリスタル製の裏蓋からはムーブメントが鑑賞可能だ。自動巻きキャリバー1151は、2つの香箱が連なって約100時間のパワーリザーブを蓄え、ハニカム(蜂の巣)をモチーフにしたエングレービングが施されたゴールド製ローターが特徴的である。画像は数百にも及ぶ細かなコマを手作業によって連結させたミルマイユブレスレットを組み合わせたモデルである。


ブレゲ「マリーン」

マリーン 5517

「マリーン 5517」。自動巻き(Cal.777A)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約55時間。18KWGケース(直径40mm、厚さ11.5mm)。100m防水。584万1000円(税込み)。(問)ブレゲ ブティック銀座 Tel.03-6254-7211

 スポーティーな外観とブレゲの伝説的な要素を融合させた「マリーン」コレクションのゴールドケースモデルには、ケースの滑らかなラインを継承し、手首の曲線を描くようにデザインされたブレスレットが取り付けられている。ケースと同様に、溝のある側面、削り出されたラグ、そしてブレスレットには、ポリッシュ仕上げとサテン仕上げが交互に施されている。文字盤には海をイメージさせる波の紋様が施され、アプライドのローマ数字と蓄光塗料の施された5ミニッツマーカー、フラッグのモチーフをカウンターウェイトに施したセンターセコンド針にはポリッシュ仕上げが施されている。また、船のウッドデッキをイメージしたブリッジの特別なコート・ド・ジュネーブや、船のステアリングホイールを模したローターなど、ムーブメントにも船のビジュアルモチーフを取り込んでいる。


モンブラン「スターレガシー」

スターレガシー オートマティック デイト

「スターレガシー オートマティック デイト 42mm」。自動巻き(Cal.MB 24.01)。21石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約42時間。SSケース(直径42mm、厚さ9.58mm)。3気圧防水。アリゲーターストラップ。32万1200円(税込み)。

 2006年に買収したスイスのマニュファクチュール、ミネルバの初期の時計に見られるような歴史的なディテールを備えたモンブランのスターレガシーコレクション。「スターレガシー オートマティック デイト 42mm」は、小石のように柔らかな丸みを帯びた直径39mmと42mmの2サイズのステンレススティール製ケースに、3気圧防水、玉ねぎ型のフルーテッドリュウズを採用し、文字盤にはヴィンテージ風にブラックプリントされたローマ数字のインデックス、6時位置にはさりげなく日付表示がある。文字盤のブルーカラーの針と、イタリア・フィレンツェの自社工房で製作されたブルーのスフマート・レザーストラップが調和している。サファイアクリスタル製ケースバックからは、セリタ製の自動巻きキャリバーMB 24.10が搭載され、約42時間のパワーリザーブを備えている。


セイコー「プレザージュ」

プレザージュ,有田焼

「プレザージュ プレステージライン 有田焼ダイヤル 2020 限定モデル」。自動巻き(Cal.6R27)。29石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約45時間。SSケース(直径40.6mm、厚さ14.1mm)。10気圧防水。クロコダイルストラップ。世界限定2000本。21万円(税別)。(問)セイコーウオッチお客様相談室 Tel.0120-061-012(通話料無料)

 日本の美意識を体現するセイコー「プレザージュ」の、有田焼ダイアルを備え、水面に映る月「水月」の情景を表現した自動巻きモデル。有田焼とは、400年以上前から磁器の産地として知られていた佐賀県有田町にちなむ名だ。文字盤の仕上げには特殊な釉薬を使用し、磁器の自然な白さが活きる「白磁」ダイアルで水面にたゆたう月を表現している。また針、ローマ数字、6時と9時に配置されたインダイアル(アナログの日付と約45時間パワーリザーブを表示)の鮮やかなブルーとのコントラストが際立っている。また、高性能の自動巻きキャリバー6R27が、サファイアクリスタルケースバックから鑑賞可能である。


カルティエ「バロン ブルー ドゥ カルティエ」

バロン ブルー ドゥ カルティエ

© Cartier
「バロン ブルー ドゥ カルティエ」。自動巻き(Cal.1847 MC)。23石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。18KPGケース(直径40mm、厚さ12.4mm)。日常生活防水。182万1600円(税込み)。(問)カルティエ カスタマー サービスセンター Tel.0120-301-757

 ローマ数字といえばカルティエである。「タンク」や「サントス」など、カルティエを代表する不朽の名作モデルにローマ数字は長く採用されてきた。比較的新しいアイコニックコレクションと言えば、優雅なカーブを描くアーチに守られたブルーサファイアのカボションをリュウズにあしらった「バロン ブルー」がある。2021年には新たに直径40mmのケースサイズを採用し、18Kピンクゴールドをはじめとするさまざまな素材とカラーバリエーションが追加された。先代モデルと同様に、ローマ数字のアワーマーカーとレイルトラックをイメージしたミニッツサークル、3時位置の楕円形の日付窓、そしてカルティエのシグネチャーであるブルーの剣型針を備えている。搭載されるキャリバー1847 MC(数字はカルティエの創業年を表す)は、耐磁性のニッケルリン合金をパーツに採用し、約40時間のパワーリザーブを備えている。


特筆すべきラトラパンテ5選

https://www.webchronos.net/features/32070/
視認性の高さと強い存在感が魅力の「ビッグデイト」カレンダー5選

https://www.webchronos.net/features/47691/
風変わりな時分表示を行う時計5選

https://www.webchronos.net/features/61157/