MEMBERS SALON

シーラホールディングス会長 杉本「再起を掛けた男の情熱とこだわり」1(1/1)

produced by MITSUKOSHI WORLD WATCH GALLERY
シーラホールディングス会長 杉本「再起を掛けた男の情熱とこだわり」1


クロノス日本版編集長 広田雅将
×
シーラホールディングス会長 杉本宏之
シーラホールディングス会長 杉本宏之

24歳で不動産会社エスグラントコーポレーションを立ち上げ、28歳のときには不動産業界で最年少の上場経営者となる。しかしリーマン・ショックのあおりを受けて、30歳で400億円もの負債を抱えて、民事再生法を申請。杉本氏も自己破産をする。すべてを失った中で多くの人に支えられ、その後民事再生手続を完了。2010年にシーラホールディングスを立ち上げて同じ不動産ビジネスで再起を期す。現在は売上高100億円を超えるまでに成長している。波乱万丈な運命を背負いながら、そこで学んだことはビジネスだけではなく、モノ選びにも生きているという。

第1回「すべてを失った時に唯一残ったロレックス」

広田:杉本さんは、若くして起業され、成功を収められた後、一度は民事再生を申請したものの、再び急成長されました。波乱万丈のなかで、時計の買い方は変わりましたか。

杉本:以前はダイヤモンドがギラギラだったり、流行りものを思いつくままに手を出していました。振り返ってみれば、当時まだ28歳程度にも関わらず、100億近い資産が転がり込んできて、ちょっと勘違いしました。それはモノの買い方もビジネスの仕方も。

広田:著書では、業績の罠にとらわれたと書かれていましたね。


詳細は三越WORLD WATCH GALLERYにて掲載中


前の記事

ファーブル・ルーバ/フロンティアに挑み続ける〝ブルー3部作〟

次の記事

ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/時計への衝撃、どれくらいならOKなの?

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP